てんかんで苦しむ男性

てんかんは突然意識を失って反応がなくなってしまう病です。日本の患者数としては60~100万人いると言われており、誰でもかかる可能性がある病です。こちらではてんかん症状のサインなどを詳しく伝えていきます。

意識消失を起こすてんかん発作を持つ子供の学校生活

てんかんとは、突然意識を失って反応がなくなるなどの発作を繰り返す病気で、原因や症状は、人それぞれ違い、脳のどの範囲で異常な電気発射が起こるかによって違ってきます。
脳の一部で起こる発作では、後頭葉の視覚野で起こった場合には、光がちかちか見え、側頭葉で起こった場合には、前胸部不快感などがおこり、脳全体に広がった場合には、意識消失や全身のけいれんなどが起こるなど、患者によって症状は違ってきます。
てんかんと診断された場合には、その後長期間服薬を必要とすることが多く、書きしんだんでは、本当にてんかんなのかどうか、また治療が必要な原因がないかなどを見極めた上で、治療の見通しを立てていきます。
基本的には、脳波とMRI検査を行って、てんかんの診断と原因を確認する必要があります。

意識が消失するようなてんかん発作が起こる場合、社会生活上最も大きな障害となる症状で、職場や学校、または自動車の運転などに際して、大きな障害となります。
そのため、てんかんの治療は、意識消失を伴う発作の回数をいかに減少させるかが最も重要で、抗てんかん薬などによって治療を行うことが大切です。
症状が出なくなったからといって、自己判断で薬の服用を中断しないことが、発作を防ぐうえで重要となります。
発作が起こっている時間というのは、通常数秒から数分にすぎません。それ以外の時間は、通常の社会生活を送ることができるので、てんかんに対する周囲の理解も大切です。
過剰に活動を制限することがないように、配慮し能力を発揮する機会をつみ取ることがないように配慮することも、大切なポイントとなります。
薬での治療が効果がなく、生活に支障をきたす場合などには、外科的な治療もありますから、まずは医師に相談するとよいでしょう。