てんかんで苦しむ男性

てんかんは突然意識を失って反応がなくなってしまう病です。日本の患者数としては60~100万人いると言われており、誰でもかかる可能性がある病です。こちらではてんかん症状のサインなどを詳しく伝えていきます。

てんかんは耳鳴りなど生活に支障の行動が起きる

てんかんは、脳にある一部の神経細胞が異常な活動を起こすことが原因となり、体にいろんな症状を引き起こします。手や足などの部分的なけいれんのこともあれば、全身に起きる場合もあります。動きが止まりぼーっと一点を見つめたり、意味のない動作を引き起こす、意識を失ったり転倒することで傷やケガも多くなってきます。

特殊な症状が出る人もいて、耳鳴りがするようになることもそのうちの一つで、人によっては物が歪んで見える、変なにおいがするようになる、急に怖くなって精神的に不安定になる人もいます。

てんかんの治療は薬によるものが多く、発作を抑えることができるため普段の生活に影響なく暮らしていくことができるようになります。薬を飲み忘れたりやめたりしてしまうと、また発作が起きるようになるため正しく服用することが大切です。薬で発作が抑えられない人も中にはいて、そのような場合には脳の手術が行われることがあります。子供がてんかん発作を繰り返すと脳の発達に影響が出ることもあるため、難治性の小児てんかんでは早めに手術を行う場合が増えていて、良い結果につながるケースが多くなっています。

てんかんの病気を知らない人は発作の症状が奇異に見えてしまい、差別を受けることになる場合があるため、生活においてサポート受ける必要性が出る場合も多いため、病気について周知させることも大切になります。学校や近所の人など関りがある人々に対して話をしておけば差別がなくなるだけでなく、発作が起きた時にも早期に対応ができるようになります。

薬だけに頼らず、規則正しい生活を送るようにすることも肝心で、睡眠を十分にとったり食事の栄養バランスも偏らないようにすることが必要です。